倫理・コンプライアンス

倫理・コンプライアンスに対する取り組み

コカ・コーライーストジャパングループ(以下、当社)では、企業の社会的役割や責任を果たし、社会とともに持続的に発展する企業であり続けるために、従業員一人ひとりが誠実に行動するための基本事項を定めた「事業運営規範」を制定し、倫理・コンプライアンスを重視する社風の促進を図っています。

事業運営規範

当社の従業員が適切な行動をとるための指針として、事業運営規範を定めています。
事業運営規範では、法令や事業運営規範をはじめとする社内のルールに従い誠実さをもって正直に行動すること、行動をとる前によく考え懸念があるときは相談することを従業員に求めています。

推進体制

倫理・コンプライアンス委員会

従業員の倫理とコンプライアンス意識の一層の醸成、浸透を図り、倫理とコンプライアンスを重視する社風を当社の企業文化として根付かせるべく、倫理・コンプライアンス委員会を中心に、啓発教育活動の施策実施、相談窓口の受付その他コンプライアンス上の事案対応、再発防止策の検討策定など諸活動を推進しています。

啓発・教育活動

事業運営規範をはじめ、独占禁止法や贈収賄防止に係わる研修会を開催するなど啓発、教育活動を推進しています。

  • 社長からのメッセージ放映や事業運営規範研修等を開催し、倫理・コンプライアンスに対する考え方を従業員に浸透させています。
  • 倫理・コンプライアンス委員会での審議内容に基づき、日々の活動における注意点などを管理者が従業員に指導しています。
  • イントラサイト“onepress”にて、適時、コンプライアンス上懸念のある事例や適切な運用方法などを全従業員に対して周知しています。

倫理・コンプライアンス相談窓口

各種法令や事業運営規範などに抵触する、または抵触する懸念がある行為について、専用メールや電話により直接相談を受け付ける「倫理・コンプライアンス相談窓口」を、社内と社外の弁護士事務所に設置しています。
相談窓口の連絡先は、倫理・コンプライアンス啓発ポスターやイントラサイト“onepress”に掲載するなど、さまざまな手段で周知しています。