サスティナブルパッケージとは

コカ・コーラシステムでは、製品パッケージは環境にやさしく、人にとっても使いやすくなければならないという考えのもと、「サスティナブル・パッケージ(持続可能な容器)」という世界共通のコンセプトで容器開発に取り組んでいます。
「使いやすさ」「環境対応」「FUN」の3拍子が揃ったパッケージが私達の目指す「サスティナブル・パッケージ(持続可能な容器)」です。

パッケージの軽量化

コカ・コーラシステムでは製品の容器軽量化に1970年代より取り組んでいます。容器を軽量化することで、資材の使用量を節約し、限られた資源の有効利用に努めています。
その結果、これまでに大幅な容器のスリム化を実現し、製造や輸送工程なども含めた環境負荷の軽減を実現しています。

しぼる「い・ろ・は・す(I LOHAS)」

  1. 1.簡単にしぼってつぶせるためリサイクル時の減容化を実現
  2. 2.多角形リブ構造により軽量化と強度の両立を実現
  3. 3.ネック部分の重量を従来品より20%削減
  4. 4.プラントボトルの採用で石油使用量の削減

植物由来のパッケージ

プラントボトルは、サトウキビから砂糖を精製する過程で出来る副産物である糖蜜(廃糖蜜)を、PET樹脂の構成成分に転換して使用しています。
このプラントボトルの最大の利点として、既存のPETボトルリサイクル工場にて、100%リサイクルすることが可能です。

使いやすいパッケージ

「サスティナブル・パッケージは、人に使いやすくなければならない。」というのがコカ・コーラシステムのこだわりです。

ペコらくボトル

「ペコらくボトル」はつぶしやすいだけではなく、「握りやすさ」「注ぎやすさ」も従来のPETボトルより上回ることに成功しました。
「ペコらくボトル」の重量は29g、角柱型のデザインを採用することによって、対角線方向に軽く力を入れるだけで簡単につぶすことができます。

ecoるボトル ラク持ち「森の水だより」

  1. 1.持つ部分の強度が3倍。握った時に変形しにくい
  2. 2.すっぽり指がはまるくぼみがあるので持ちやすい
  3. 3.持つ部分の胴周りが細く、小さな手でも握りやすい
  4. 4.コーナー部分のくびれが深く大きく、滑らず注ぎやすい

エアーボトル

2010年に「アクエリアス」の500mlPETボトルに採用されたボトルで、人間工学に基づいた設計で、握りやすくエアークッションのような弾力のある握り心地を実現しています。

グリップボトルとフィットボトル

グリップボトルは「コカ・コーラ」に採用されているボトルの形状で、ボトル中央のくぼみおよび独特の表面加工を施した、持ち運びやすさを意識した設計のボトルです。
フィットボトルは「爽健美茶」に導入されている、ボトルの握りやすさを考慮した設計のボトルです。

楽しいパッケージ

お客様に製品を楽しんで頂くために、さまざまな「楽しさ」を伝える工夫をしております。

バブルボトル

「バブルボトル」とは炭酸の“泡の形”を表現したパッケージのネーミングです。
「FANTA」ならではのポップではじける楽しさを表現しています。

ボール型PETボトル

2010年 FIFA ワールドカップ 南アフリカを記念して発売された製品で観戦気分をさらに盛り上げるサッカーボールをかたどったパッケージです。
(数量限定発売。現在は販売終了)