地域社会への貢献活動

地域社会が健全であることが持続的な事業活動の前提であるという考えのもと、社会貢献活動に取り組んでいます。
コカ・コーライーストジャパングループでは、災害対策や自然保護活動など、幅広く地域社会における活動を展開しています。

東日本大震災 復興支援活動

2011年の震災直後からコカ・コーライーストジャパングループでは、東北地方の被災地復興を支援するボランティア活動を行ってきました。
従業員が被災地で、復興に向けたさまざまなお手伝いをさせていただきました。

災害対応型自動販売機

大規模災害などの発生時、遠隔操作により無償で製品を提供できる自動販売機。災害時には、上部の電光掲示板に必要な情報を流すことも可能です。東日本大震災発生時には製品の無償提供が行われ、帰宅困難者の方々から感謝の声を多数いただきました。

教育を通じた支援活動

中学校英語弁論大会への協賛

コカ・コーラシステムでは、「国際性豊かな青少年を育てるために、英語教育の普及を図り、日本文化の発展と国際親善に寄与する」という理念に賛同し、1963年から高円宮杯全日本中学校英語弁論大会に協賛を続けています。当社エリアからも多くの中学生が参加し、2014年の中央大会決勝において2位から5位まで入賞しました。

コカ・コーラ出前かけっこ教室

コカ・コーラ教育・環境財団は、NPO法人日本ランニング振興機構と協働で、すべてのスポーツの基礎である「かけっこ」を通じて子どもたちの心と体を育てるプログラムを2008年より展開しています。2014年は、小学生を対象にした「かけっこクリニック」が、当社エリア2か所で開催され、226名の小学生に運動することの楽しさと正しい走り方を学んでいただきました。

奨学金事業

当社では、コカ・コーラ教育・環境財団を通じて、経済的理由で進学困難である優秀な人材の育成を支援するため、奨学金を給付しています。
1966年に開始した当奨学金事業は、当社の販売エリア内において、これまで555人の卒業生を輩出しています(2014年3月現在)。