ファストフードでのコカ・コーライーストジャパン

営業本部
首都圏フィールド担当
日髙 栞

店頭で注文して、そのままテイクアウトできる手軽さで人気のファストフード。提供されるメニューと一緒に楽しめるコカ・コーラ社製品の提案はもちろん、それを保冷・保温するためのクーラーやコカ・コーラ社製品があることを示す看板、ポスターなどを提供するのも私たちコカ・コーライーストジャパンの大切な仕事です。
店頭の看板や見える場所にコカ・コーラのロゴ入りのクーラーを設置して頂くことで、“いつでもどこでも誰にでも”というコカ・コーラのキャッチフレーズ通り、コカ・コーラがいつでもどこでも目に入って飲みたいと感じてもらうチャンスを作り出していると思います。街をコカ・コーラ色に染めて、コカ・コーラがあるんだと気づいてもらうだけにとどまらず、一人でも多くのお客様に手にとって飲んでそのおいしさを味わってもらいたいと思っています。

導入されたオーナー様に感想を伺いました

フリッツァ専門店 Cest Moi(セモア)
オーナーシェフ
野本 孝司様

Frizza(フリッツァ)というのはピッツァとフリッタを掛け合わせて作った私オリジナルのメニューで、イタリアのフリッターというピザをもっと手軽にワンハンドで食べられるようにしたメニューです。食を通して家族など人と人が笑顔でつながるようにできたらとお店をオープンさせてからコカ・コーライーストジャパンさんのお世話になっています。
揚げたてのフリッツァと一緒にコカ・コーラをボトルから飲むというヨーロッパスタイルをオススメしているので、注文時にコカ・コーラがあることをに気づいてもらうためにも、瓶のコカ・コーラをカウンターのすぐ横で冷やすクーラーはお店にとって欠かせないものとなっています。
先日名古屋に期間限定で出店したのですが、メニューと一緒に提供するはずのコカ・コーラの手配をすっかり忘れていたのです。開店の3日前にお店に来てくれた担当者の顔を見てそのことを思い出し、急ぎ手配できるかどうかを聞きました。すると翌日には名古屋の担当者をご紹介いただき、次の日には打ち合わせ。そしてプレオープンの日には、本店と同様、メニューと一緒に瓶のコカ・コーラも出せるようになりました。そんなお願いにもすぐに対応してくれるコカ・コーライーストジャパンさんのスピード感や実行力に驚きつつ、安心し信頼を寄せています。