数字で見る コカ・コーライーストジャパン

コカ・コーライーストジャパンは、関東・東海・南東北地域の1都15県、人口約6,600万人を抱える、巨大かつダイナミックな市場で事業を展開しています。
設置台数50万台を超える自動販売機、クーラー、ディスペンサー、各ボトラーが市場で築いてきた強固な販売網を背景に、消費者に親しまれ、馴染みあるブランドの飲料製品を50種類以上提供し、日本のコカ・コーラシステム全体の約半分を占める販売数量を誇る、国内最大、世界トップクラスのコカ・コーラボトラーです。*

日本最大の規模感と経営資源を持つコカ・コーライーストジャパン年間売上額:約5,233億円「日本のボトラーの中で1位」 年間販売数量(実箱ベース)約2億8,100万ケース「日本のコカ・コーラシステムの50%」生活拠点・物流拠点/営業所数:約190ヵ所「生産拠点8ヵ所+物流拠点/営業所180ヵ所」従業員数(正社員・臨時従業員計):12,000人 コカ・コーライーストジャパンで取り扱う飲料のブランド数:約50種類コカ・コーライーストジャパンの製品を取り扱う店舗数:約20万軒以上設置している自動販売機やクーラー、ディスペンサーの数:55万台以上1日あたりの製品提供数:約2,800万本コカ・コーライーストジャパン
売上高、販売数量は2015年12月期実績