コカ・コーライーストジャパン 親子で楽しむ!!バーチャル工場見学

コカ・コーラ(缶)ができるまで

まずは中身をつくるよ

1水をみがく

まずは「コカ・コーラ」をつくるのに最適な水をつくるんだ。
水処理装置のなかでは、イオンを使って、水の中にふくまれるマグネシウムやカルシウムなどの不純物をとりのぞいてる。

水処理装置

2空気をぬく

水のなかにふくまれている酸素は、「コカ・コーラ」の美味しさを損なってしまうんだ。飲みものの中に含まれる酸素をとりのぞくよ。

脱気機

脱気機

3シロップを準備

「コカ・コーラ」の原液と、砂糖・異性化糖溶液をまぜあわせる。
「シロップ調合タンク」シロップはとっても甘いよ!

シロップ調合タンク

4水とシロップをまぜる

空気を抜いたきれいな水と甘~いシロップをまぜあわせる。

水シロップ混合機

5冷やす

混合液を冷やしながら、炭酸ガスをとけこませていく。
冷やしながら圧力を

クール・カーボネーター

つぎは、中身を缶に入れていくよ

6缶をとりだす

包みをほどいて、なかみがからの新しい缶をとりだす。

バルクデパレタイザー

7よく洗う

ジェットシャワーを使って、まんべんなくきれいに洗うんだ。

缶リンサー

8なかみを詰める

洗った缶の本体に混合液を詰めたら、
ふたを隙間なくかみあわせるんだ。
接着剤や溶接はおこなわない。

缶フィラー/缶シーマー

さいごに、段ボールに箱詰めをするよ

9ここでクイズ!

段ボールに箱詰めする前に、冷たい缶を「ウォーマー」という機械で、温めるんだけど、それはなんでだろう?

バルクデパレタイザー
  • A段ボールが湿らないようにするため
  • B温めたほうが美味しい

さすがだね!正解は・・!

  • A段ボールが湿らないようにするため

冬の家の窓って濡れているよね。あれを「結露」っていうんだ。
それと同じことが詰めたての缶だとおきちゃうんだ。
段ボールが湿ると、フニャフニャになって、やぶけやすくなっちゃうから、「ウォーマー」であたためるんだ。

10日付を印刷する

缶の底に、賞味期限や工場についての情報を印刷していくんだ。

日付印時機

11量をチェック

つめこんだ飲みものの量が正しいか、ビームを使ってチェックするよ。

レベルチェッカー

12箱詰めをする

缶をまとめてダンボールに詰めていく。

段ボールケーサー

13本数をチェック

ボトル缶の本数が正しく入っているかを箱の重さではかってるんだ。

ウェイトチェッカー

14積みこむ

ボトル缶が入った段ボールをくずれないようにキチンと積み重ねる。

バレタイザー

これで「コカ・コーラ」のできあがり!
自動販売機やコンビニなどに届けるよ!

バレタイザー