自社オフィスでの取り組み

コカ・コーラシステムでは、オフィス部門において2015年までに2004年比でCO2の総排出量を3%削減するという中期目標を掲げています。その目的を達成するために、事務所内の照明のLED化や空調設備の入替・更新など、設備の見直しに加え、こまめな消灯、電子機器の不使用時の電源オフ、クールビス・ウォームビズの促進を行うなど、個人個人がエネルギー削減推進に努めています。