品質の安全保障について

コカ・コーライーストジャパングループでは、国の基準とコカ・コーラシステム独自の安全基準のうち、より厳しい方の基準のもとで、日本および海外の検査機関による厳密な安全性検査を実施しており、これまでの検査で基準を超える値が計測された事は一切なく、問題ないことを確認しています。今後も公的機関による基準の設定や事業環境の変化などに柔軟に対応していきます。

マネジメントシステム「KORE(コア)」について

コカ・コーラシステムは、独自のマネジメントシステムである「KORE(Coca-Cola Operating Requirements)」を世界共通でオペレーション管理しています。「KORE(コア)」は国際規格である「ISO」や各種法令の要求事項を満たしつつ、さらに厳しい基準を自らに課す内容となっており、具体的には原材料の調達から製造、物流・輸送、販売を経てお客様に製品が届くまでの過程における「品質」「食品安全」「環境」および「労働安全衛生」に関する基準を網羅したシステムとなっています。
審査登録機関による社外第三者からの客観的評価が加わることで、コカ・コーラシステムにおけるマネジメントシステムの公明・公正な運用が保証され、少なくとも年一回は各項目の要求事項に対する実際のパフォーマンス状況の測定が行われています。

「KORE(コア)」は、「品質」「食品安全」 「環境」および「労働安全衛生」の4つの側面について、それぞれの「方針」「基準」「規格」「要求事項/検査方法」「作業手順および参照文書(手引き)」の5つの階層に分けた体系で構成されています。「方針」から「要求事項」まで上位4つの階層においては、4側面において達成すべきゴール(目的)を示し、すべてをクリアすることが求められます。

また、「作業手順および参照文書(手引き)」の階層では、ゴールに到達するための「方法」を示しており、世界のコカ・コーラシステムで実施されているベストプラクティスも共有されています。当社もこの「KORE(コア)」を環境マネジメントシステムとして運用してまいります。

  • 「KO」はニューヨーク証券取引所に上場しているザ コカ・コーラ カンパニーの略称。
  • 「環境」はISO14001, 「品質」はISO9001, 「食品安全」はFSSC22000, 「労働安全衛生」はOHSAS18001に準拠。

「KORE」フレームワーク図

「KORE」フレームワーク図
「KORE」フレームワーク図

品質保証システムの国際規格「ISO9001」の取得

ISO 9001は、製品やサービスの品質保証を通じて、顧客満足向上と品質マネジメントシステムの継続的な改善を実現する国際規格です。

コカ・コーライーストジャパングループでは、全製造工場においてISO9001を取得しています。

食品の品質保証システム「FSSC22000」の取得

FSSC22000は、食品の安全な提供に関するリスク低減を通じて、顧客からの信頼の向上を得る為に、食品の安全マネジメントシステムのISO22000と、HACCPの一般衛生管理を強化したPAS220を合体させた国際規格です。

コカ・コーライーストジャパングループでは、全製造工場においてFSSC22000を取得しています。